日本刀の美しさに魅せられる人びと

日本刀の美しさを語るなかでそのフォルムは時代ごとに変化を遂げております。どの時代にいても刀工たちの強い意思のあらわれなのか、無駄なものが日本刀のデザインには感じられないのです。日本刀の美しさは時に「用の美」などとも語られることがありますが、実用性と機能性が極限まで追求されている姿がそこにあるのかもしれません。現代においては日本刀を所持しなくてはならない武士たちの働きは社会に必要とされておりませんが、日本刀を取り扱う骨董店が繁盛し日本刀を所有したいと考える愛好家たちが数多くいることを考えますと、日本刀の美しさはその用の美に加え見る者たちを魅了するものが備わっているのかもしれません。皆さんは日本刀を目にする時にどのような事がらを感じ取っていらっしゃいますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。