大き目サイズの上質SUV車①

独立した車となった中型の上質SUV:ハリアー/トヨタ

車の内装はメッキパーツやウッドパネルでほどこし、今まで通り高級感があります。搭載されるエンジンは 2・ ot の排気量を持つ直列4気筒DOHCです。 ハイブリッドモデルが 2・5tということを考慮すれば動力性能の格差は大きいです。それは価格面から言っても妥当です。
2013年に登場したトヨタのハリアー。海外市場ではこの車はレクサスRXの名称で販売されていたが、この新型の発売により、独立した車種として販売展開されることになった。ボディはそのレクサスRXよりもひと回り小さいです。

suv 市場のシェアNo.1 のSUV!:CX-5
ボディデザインは、広くそしてボリューム感があります。海外市場を特に意識したものです。座る快適なシートは長時間の運転でも疲れの低減に役立ちます。視野が広くてスポーティーな雰囲気もあります。海外を見据えたグローバル戦略として開発された 広いボディと流麗なデザインが特徴です。エンジン、 トランスミッション、ボディの全ての基本技術が革新のテクノロジーにで構成され、 SUVらしからぬ気持ちのいいドライブを提供します。。搭載エンジンは全部で3種類あります。その中でも注目は 圧倒的な排気量を持つ直噴ディーゼルターボエンジンです。クリーンな排気を実現していながら、 4t のガソリンエンジン並みです。金額で嬉しいのは税制面でも優遇され、このエンジンを搭載するモデルのエコカー減税は 100%の減税となります。

“タフギア”の先進技術でパワーアップしました:エクストレイル/日産
日産の車の売れ筋の中心は20X 。フロントは走りへの期待をさらに高めてくれた。動きを抑えるアクティブライドコントロールや、狙ったラインを自由にトレースできるコーナリンクスタビリティアシスト、オールモード、4WDなど最先端のシステムを投入している。装備車などの安全性能の向上なども注目です。エンジンは全て 2tとなっている。中型サイズのSUVとして人気がある工クストレイルが 2013年にフルモデルチェンジをしました。スクエアな前のタイプと比べ、曲線を多用したボディのデザインは走りを期待させるカタチへの変わりました。

SUV の力強さと艶やかさを持つ注目の車:ヴェゼル/HONDA

ホンダはsuv 、クーぺ、ミニパンなどの持つ利点を一台のクルマに集約させました。ホンダのヴェゼルは主力小型車フィットと一部のパーツを共用したモデルです。インテリアは質感に徹底的にこだわりました。高級感がありクーぺを連想させる空間を演出しています。また、ホンダ独自のセンタータンクレイアウトによ り、流麗なフォルムながら、大きなスペースやミニバン並みの室内空間を再現しました。搭載されるエンジ ンは 1・58の直列 4気筒(ガソリン 車)。電子制御パーキングブレーキを 標準搭載するなど装備のよさも魅力です。

トヨタ新型SUV「C-HR」ついに発表!

トヨタが、新型の小型クロスオーバーSUV「C-HR」を2016年内にもリリースします。トヨタの新型車C-HRは世界が大注目で早く購入したい人がたくさん出ています。気になる価格や燃費、発売日はいつでしょうか。2016年3月、スイスで開催されたジュネーブ・モーターショー2016で、トヨタから市販モデルとなる新型クロスオーバーSUV車、CHRが公開されました。デザイン部分は「センシュアル-テック」のコンセプトでデザインされていて、シンプルで広い空間を確保しています。車のグレードは4種類、ボディカラーは8色から選べ、11月上旬からwebで先行受付が開始されます。値段や値引き情報が気になるところです。購入する前にたくさんの情報を集めましょう。C-HRの値引きに関する情報は、自動車買取・口コミブログがおすすめです。