愛刀家として日本刀を知ること収集すること

「正宗」「長光」「国広」「虎徹」などと聞いて、日本刀の作者たちであると回答できる方は、現代人において何割程度であるのでしょうか。最近では刀剣ブームは世代を問わない社会的な流行として、数多くの人びとを魅了しているようですが、日本刀の真なるコレクターの数は、今後、社会的なムーブメントになることは少ないかもしれません。何よりも日本刀のなかでも名刀を収集するためには、それなりの資金力が必要となることに加え、収集品を管理するうえで自らメンテナンスにかかる手間や知識を得るために、まず膨大な時間と労力を要することがネックになってくるでしょう。実際には、膨大な資金にプラスアルファ膨大な時間をかけて愛刀家としての知識を蓄えたとしても、日本刀に関する正しい知識を学ばなければ、時として偽物を収集するコレクターになり下がってしまう可能性も考えられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。