日本刀について考えよう

日本刀は、鉄を鍛錬し刃を焼き入れ、研磨することで日本刀独自のフォルムが確立されていきました。

現在では日本刀を制作するには特別な許可が必要となっておりますが、1945年第二次世界大戦の後から日本の国内では武器の所有が認められておらず、武器を所有しない国日本の中で「日本刀」は武用または鑑賞用などとしてかつての日本の伝統を伝えております。

日本刀は美術品や日本人の精神文化を伝える象徴として現代の日本人に何を伝えようしているのでしょうか。現代人の生活は日本刀を身近に必要とするものではありませんが、

私たち多くの日本人が日本刀の魅力にに惹きつけられる根底には「日本刀」の美しさに秘められた国民性があるのではないかと考える専門家たちもいるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です