「天下五剣」

室町時代に自然発生的に「天下五剣」と呼ばれるようになった五振りの刀。いずれも歴史上の英雄たちの手を渡ってきた名刀だ。

ここではそのうちの一振り、三日月宗近を紹介する。<三日月宗近>みかづきむねちか正式名称・・・太刀銘三条(名物三日月宗近)金梨地桐紋蒔絵糸巻太刀拵鞘作者・・・三条宗近茎から腰にかけての反りが強く、逆に鋒に向かうにつれて反りはほとんどなくなる。

これは日本刀の古い形式だ。三日月宗近は最も古い時代の日本刀の一つであり、平安時代の刀匠・三条宗近が打ったものだ。刃文に三日月の形が見えることから、「三日月」の号が付けられ天下五剣の中で最も美しいといわれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です