古墳時代から平安時代のの武器や武具

古墳時代には、武器や武具などが量産されていたのだそうです。それまでの弥生時代に使用されていた青銅器が、鉄器に変わり現代に伝わる日本刀のような反りはない直刀がつくられていたようです。日本刀の祖とも考えられる武器の原型は、大陸から舶来したのではないかとも考えられているようです。弥生時代に、刀剣の国産化がはじまったなどとも言われています。実用的な刀剣とは別に、金銀の装飾が施され、儀式などにし使用されたのではないかと考えられているこの頃から装飾色の強い刀剣も作られていたようです。平安時代の頃からなのか、その詳しい時期は不明であるようですが、それまで直刀であった刀剣に変化がみられはじめたようです。刀剣の作成技術に大きな変革があったのかもしれないなどと考えられています。一条天皇時代には、三条宗近、備前友成などをはじめとする名工が現れはじめているようです。その頃の太刀の現存してはいますが、短刀などの出現は確認されていないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です