刀文の名称とポイント

日本刀の地鉄と刀の間に現れる不思議な刀文の中でも、先端部分に刀文を「帽子」と呼ぶのだそうです。この帽子の刀文は、作者や流派の特徴が出やすい部分であることから、刀剣の鑑別の際の資料として様々な情報源として注目されるポイントであるようです。この刀文の好みなどから、刀剣をコレクションするような愛好家たちもいるようです。「帽子」は、刀剣の作られた出生の秘密をさぐる重要な鍵ともなっているようです。「大丸帽(おおまるぼうし)」「一枚帽子」「乱込帽子」「焼詰帽子(やきつめぼうし)」などが、それぞれの特徴別に表された名称になります。その他にも、刀文を表す種類として「直刃(すぐは)」「濤乱刃(とうらんば)」「互の目刃(ぐのめば)」「丁子刃(ちょうじば)」「三本杉刃」「足長丁子刃」「皆焼刃(ひたつらば)」などもあげられます。日本刀の美しさを総合美術などと表現する専門家たちもいるようですが、刀工たちの研ぎ澄まされた感覚と集集中力が生み出さす技術や技の集大成であると言うことができそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です