南北朝における刀匠

盛景という日本刀の工は、南北朝時代中期の備前国の人だそうです。大宮派の代表的な工だそうです。盛重というのは、室町時代初期の備前国の人だそうです。大宮盛景の一族とされるそうです。遺例に、棒樋や二筋樋を丸止めとして、応永杢と称される杢目を交えた美しい地鉄に、互の目丁字乱刃が冴えた脇差があるそうです。盛光同然の出来だそうです。銘字も極めてよく似ているそうです。大宮風の作風ではないため、盛光の近親で作刀協力者であったとも考えられるそうです。盛次というのは、鎌倉時代の備中国の人だそうです。鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて備中青江で活躍したそうです。作風としては、地鉄がちりめん状となっていて、刃文は広直刃調に小足・葉が働いているそうです。優雅で神秘的な佳品が少なくないそうです。盛光というのは、室町時代初期の備前国の人だそうです。応永備前の代表的な日本刀の工だそうです。倫光の子であるという師光の子または弟と伝わっているそうです。修理亮を受領しているそうです。応永杢と称される杢交じりの詰んだ板目肌に、棒映りが立っているそうです。刃文は華麗な互の目丁字刃となるそうです。盛安というのは、室町時代末期の筑前国の人だそうです。金剛兵衛派。金剛兵衛派というのは、大宰府に近い宝満山の山伏鍛冶と伝わり、正平4年紀の短刀がある盛高を初祖とするそうです。師景というのは、室町時代初期の備前国の人だそうです。大宮派。初代は大宮盛景の子と伝わっているそうです。作風としては、沸が強調された互の目丁字刃を焼き、銘字あタガネを右から左へ動かして切る独特の逆タガネとなっているそうです。今日よく見るのは、二代目の作だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です