武家社会が多くの名刀をうみだした

征夷大将軍として鎌倉に幕府を開いた源頼朝は、武家社会が社会を動かす象徴ともいえるでしょう。武士たちが活躍する鎌倉時代は、常に争いごとが絶えず、人々が合戦を行うために、あらゆる向武器を求めていたようです。市場では武器が大変売れた時代でもあったようです。武器や刀が売れるということは、名刀を生み出す刀工が、活躍する時代でもあったということになるのではないでしょうか。それ以前の時代で、活躍していた直刀や太刀が、改良されてそれとは異なる腰刀(こしがたな)と呼ばれる短刀が登場するようになります。腰刀と太刀は武士たちの必要不可欠な刀剣の1セットとして持ち歩かれるようになり、日本刀の形状に様々な改良が加えられていったようです。腰刀と短刀には、それぞれの形状の特徴によって、戦いの場においての異なった戦い方が繰り広げられていたようです。人々が武器を求める時代において、現代にも伝わるような数々の名刀が生み出されたと言います。世の中が動乱になればなるほど、武器が売れる世の中であり、名工と呼ばれる鍛冶職人たちによって日本刀などの刀剣の改良が行われていったようです。このような武器の改良を現代において分析することで、その当時の戦い方や人々の合戦を思い描くことができ るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です