刀剣のあらわすもの

日本刀の産地としては、現在の、奈良県、岐阜県、岡山県、京都府、神奈川県などがあげられるようです。それぞれは、様々な歴史をたどる中で選ばれた土地として存在しているのでもあるかもしれませんが、歴史書や神話に登場する多くのに、日本刀は武器という意味合いもありますが、「守り刀」として身に着けていることで、あらゆる災難などから身を守っていたとも言われているようです。武器などとして考えられるように本当ですが、実際にはお祓いや神前での祭事にも、使用されてた記録が多く残されてもいるようです。平安時代や室町時代の頃から、日本は世界でも有数の武器輸出国であったなどともされていたようです。それまでは、中国などからの刀を輸入していた日本ですが、その後は、中国に刀剣を輸出していた様子もあるようです。中国では、日本の刀剣は「倭刀」などと呼ばれていたようです。時代を遡り大和政権以前の日本国内では、中国から多くの刀剣を輸入していたようですが、 刀剣背増の技術を習得し、刀剣類の国産化を図っていたようです。 戦国の時代では、刀剣は武器とされていますが、世の中が平和になってくるとその存在は権威の象徴であったり、人々の地位や名誉、または権力を表すものとして珍重されていたようです。刀剣を所持することによって、その人自身の身分証明書となっていた時代もあったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です