日本刀のあれこれ

現代では、基本的に、刀などを委託に所有する際には必ず届け出なければならない法律なども制定しており、かなり厳しく取り締まられている部分はあるかもしれませんが、その一方で、非常に厳密に保管をしなければならないということを忘れてる人も多く、うっかり届出を忘れていたというような話になってしまえば、法律違反になってしまうわけですから、用意しておかなければいけないという風に言えるかもしれません。時代が、どんどんと進んでいき、江戸時代になると刀は古いタイプの方と、新しいタイプの方のの二つに大きく分けられるという風に言われており、平和な江戸時代では、刀が進化することはほとんどなくいわばアートのような形で発展していった部分もある、という風に言われており、刀の持ち手の部分に工夫を施し就職が入ったりするなど、より伝統工芸品的な要素が強く働くということも江戸時代の特徴の一つであるという風に言ってしまってもいいかもしれません。とりわけ江戸時代は、何百年にわたって平和な時代が続いてしまったが為に、刀が飽和状態になってしまい、あまるような状態になってしまったという風にも言われているため、江戸時代の末期になるといわゆる武士と呼ばれる人々も経済的な力をどんどんと失っていてしまったがために刀そのものがほとんど作られなくなってしまった、という風に言われることもあるという風に聞いたことがあるような気がします。とりわけ、平和な時代においては刀が相手を傷つけるものとして認識されるのではなく、美術品として扱われることが多いというのは、江戸時代においても、現代においても決して変わることのない考え方の一つであるという風に言ってしまっていいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です