日本刀の変遷

あるインターネットの声では「真剣を使わなければ武士道は理解できないのではないか?」「真剣を使うことで、切るか着られるかという当時の武士道をよみがえらせることができるのではないか?」という声も聞こえるようですが、肝心なのは、剣の類別ではなく自分自身が、どのようにして武士道と向き合うのかというその姿勢であるということは間違いなく言えるのかみ知れませんね。かつての江戸時代などでは武士が刀をたずさえていざという時にはそれをもちいて社会を渡り歩くということがおおくなっていたようで、力を基礎とする武士社会がそこにはたしかにあったと言えるのかもしれません。このあたりの状況というものは、大河ドラマや時代劇などでひんぱんに目にすることも多いかも知れません。それは、現代にも通ずると作成スタッフがかんがえているからこそ、受け継がれているわけで、決して現代でもいろあせない価値が日本刀や武士道にはあるのではないかなと考えられているわけです。近代化の波に依って、武士道による対話ではなくて、憲法などというような取り決めによる対話を軸とする社会制度が完成していくにつれて、武士道は旧態依然なものとしてとりのこされるようになってしまい、結果として十分な成果がえられないままに全てを終わらせなければならないという事情もあるという風にもきいたことがあります。結局のところ、全ての階級社会からの解放をめざす近代社会の波にのまれるような形で武士道も役目を終えて言ったというのが本当のところであるかも知れませんね。精神的な部分には影響を残したとされていても、目に見える形では現代でも残っていないのは残念なところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です