福岡一文字(ふくおかいちもんじ)・・・毛利元就

「福岡一文字派」による太刀の登場だが、「日光一文字」とは別物である。こちらは毛利元就の愛刀だ。

 元服前元就が厳島神社参拝時、家臣が「いつの日か元就様が安芸国の主になれるように」と祈願すると、元就は「天下の主を目指してこそ、初めて一国の主となれる。初めから一国歯科望まぬ物は、一国さえその手中に入れることはできない」と家臣を諭したという。後「福岡一文字」を厳島神社に奉納し、今も大切に保管されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です