日光一文字(にっこういちもんじ)・・・北条早雲

「日光一文字」は、鎌倉時代に興った刀匠集団「福岡一文字派」の太刀。「道誉一文字」と並び、一文字中の最高傑作の呼び声が高い。日光二荒山に奉納されていた太刀を北条早雲が譲りうけてたことから、この名がついた。現在国宝に指定されている名刀である。秀吉の小田原攻めの際、黒田官兵衛が秀吉と北条氏との和睦を図り、そのお礼として、官兵衛がもらいうけた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です