日本刀について

日本刀は、日本古来の刀として、長い歴史があるという風に言われていることを知っている人は多いかもしれません。

とりわけ、国宝として保管されているものの中には、はるか昔から保存されているものなども存在しており、非常に重厚で貴重なものというようなイメージを持っている人は、多いのかもしれません。

時代が進み、鎌倉時代になると武士が台頭して武力による政治が行われるようになってきたわけで、平安時代までの美しい刀の形から、より実用的で楽な姿へと変化したという風に言われているようです。

このような時代では、まだ形のは小さいものが多かったという風にも言われているわけですが、南北朝時代のような、政治が混乱するような時代に入ると、刀は大型化しより液を傷つけやすくするように、カスタマイズされていたという風にも言われていくわけです。

現代まで続いてきている日本刀というものは、基本的には人を入れつける目的で、伝統が受け継がれてきた、という一面は寄るかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です