刃紋について

作刀工程の山場ともいえる「焼き入れ」により生み出された「焼き刃」は、刃を強くすると同時に、美しい「刃文(はもん)」を生み出す。この刃文もまた、日本刀の重要鑑賞ポイントだ。

間違えやすいのは、博物館や刀剣店などで、ケ ース越しからでも見える白っぽい刃文は本来の刃文ではないということ。これは、研師(とぎし)による「刃取り」という作業によって、刃文を白く美しく仕上げたもの、つまり化粧を施した姿のようなものである。本来の刃文は、ある角度で刀身に電灯の光を当てると見えてくる。
刃文は「直刃(すぐは)」と「乱刃(みだれば)」に大別される。直刃は刃と平行にまっすぐ入った刃文で、その幅の広さによって「細直刃」「広直刃」「中直刃」などに分類される。 直刃以外のものは乱刃。乱刃は形によって、さまざまな種類に分類される。 ほんの一部だが、代表的なものを紹介しよう。

・直刃……まっすぐに入った刃文
・丁子刃(ちょうじば) ……備前伝によく見られる華やかな刃文。時代によってさまざまなパターンがある。
・足長丁子刃(あしながちょうじば)……丁子刃の中でも特に「足(あし…刃の縁から刃先に向かって細く入る突起)」が長い。
・互の目刃(ぐのめは)……一定の間隔でほぼ整然とした刃文。
・三本杉刃(さんぼんんすぎは)……山形を三つ連ねたような模様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です