破邪の御太刀

日本一長い刀と知られているのが、「破邪の御太刀」。山口県下松市の花岡八幡宮に所蔵されている。

安政六年(1859)の花岡八幡宮の式年大祭に合わせ、南朝方の刀匠延寿派の末裔である延寿国村二十七代国綱に制作を依頼した。門弟五人、手伝い役二人と共に砂鉄三百貫(1125㎏)分の鋼を鍛え、焼き入れの際には堰き止めた末武川の水を使って急冷したという。

刃長345.5cm、茎120cm、反り28cm、身幅13cm、重ね3cm、重さ75Kg。市指定有形文化財として、花岡八幡宮の資料館に展示されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です